アイプチが下手くそな人は友達にもバレバレ?バレないコツはあるの?

アイプチが下手くそな人は友達にもバレバレ?バレないコツはあるの?
 
 
 
みなさんは友達や知り合い、電車の中などで「あの人アイプチ下手くそだなぁ」と思った事はありませんか?

バレバレなアイプチをしているととても恥ずかしいですよね。
 
 
そこでアイプチが苦手で下手くそでも上達できるコツや、バレないための裏技などを紹介していきます!

 
スポンサーリンク
 

アイプチが下手くそだと友達にもバレバレ?

アイプチが下手くその場合、友達にもバレバレです。

そんなアイプチが下手くそな人には様々な共通点があります。
 
 
 
1つ目は自然な二重ではなく、無理をして幅を広げようとしている場合です。

例えば重い一重の人や、蒙古襞がある方が平行二重になるには無理があります。

無理をするように二重を作ってしまうと目の周りが不自然な形になり、とても目立ってしまうのです。

なので自分の目の形に合った、ナチュラルな二重を作るようにすると、友達にもバレにくくなります。
 
 
 
2つ目はのりがやテープがべったりとくっついている場合です。

アイプチ初心者の下手くそな方に多いのがたっぷりとのりを付けて、まぶた同士がべったりしているととても不自然です。

またべったりくっつける事で、目線を下に下げたときにまつ毛があがったり、白目をむいたりするのでアイプチがバレバレです。
 
 
 
3つ目はアイプチのテカテカをそのままにしている場合です。

アイプチを使用すると、少なからずテカテカします。

それはラメのないアイシャドウでカバーする事で目立ちにくくできます。

しかしラメ付きのものを選んでしまうと、更にテカテカしてしまいます。

スポンサーリンク
 

アイプチが下手くそから上手になるコツは?

アイプチを使用するは先ほどの3つを気を付ける事で、下手くそを脱却する事ができます。

アイプチで二重を作るというのは、経験がものをいいます。
 
 
はじめから上手にできる人まいません。

なので自宅などで沢山練習をしましょう。
 
 
 
練習をする際は何度もアイプチをつけたり、おとしたりするのはまぶたの負担になりますので、やりすぎは良くありません。

そこでいい練習法はアイプチの棒で二重幅をひたすらになぞる事です。
 
 
理想の二重幅を一発でなぞれるようになると、アイプチも上達します。

友達や知り合いなどにも絶対バレないようにしたい!という方は、のりタイプやテープタイプではなく、食い込み式を使用しましょう。
 
 
 
のりやテープと比べると、二重を作るのに時間はかかってしまいますが、下を向いても不自然な目になりません。

ただこちらの方法はまぶたが分厚い一重の方には難しいです。
 
 
また、バレないようにするコツとして重要なのがアイメイクです。

目元をノーメイクにしてしまうとバレバレです。

必ずラメのないアイシャドウや、粉ファンデでカバーしましょう。

スポンサーリンク
 

アイプチが友達や知人にバレないようにするためのコツは?

アイプチが友達や知人にバレないようにするためのコツはあまり目元に注目させない事です。
 
 
例えば前髪で少しかくしたり、眼鏡を付けると誤魔化せます。

また先ほどからの繰り返しになってしまいますが、目線を下に向けるとまぶたがくっついているのがわかるのでバレバレになってしまいます。
 
 
ですので、目線だけでなく下を向くときは頭ごと下を向けるようにするのがコツです。

スマホや本を読むときなどが要注意です。
 
 
わざと目元のメイクを濃くするのもバレないようにするための方法として有効です。
 
 
しかし、友達という距離感になるとアイプチというのはバレやすいです。

絶対にバレないというのは厳しいかもしれません。
 
 
その場合はカミングアウトしたほうが、お互いが気持ちよく友達でいられるように筆者は感じます。

またどうしてもアイプチがバレたくないのであれば二重整形も一つの手です。
 
 
自分が一番納得できる方法を探しましょう。

まとめ

アイプチが下手くそな人は友達だけでなく、いろんな人にバレバレです。

下手くそから脱却するには回数をこなしてコツをつかむしかありません。
 
 
またバレないようにするには自然な二重を作り、アイプチ特有のテカりを消して、さらに眼鏡などを併用すると良いでしょう。
 
 
そして下を向きすぎないこと、アイプチをべったりとつけないことも大事ですよ。

スポンサーリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です