アイプチがバレないメイクやアイシャドウの方法は?

アイプチがバレないメイクやアイシャドウの方法は?
 
 
 
アイプチがバレないようにメイクを工夫してリアル二重に見えるようになりたいですね。

アイプチがバレると恥ずかしいですしね。
 
 
アイシャドウで上手く隠すことも出来るので、練習してリアル二重に見えるようにしましょう。
 
 
そこで今回は、アイプチがバレないメイクやアイシャドウの方法について解説していきたいと思います。

 
スポンサーリンク
 

アイプチがバレないメイク方法

アイプチがバレてしまうのってちょっと恥ずかしいですよね。

メイクでアイプチがバレないようにするのが一番だと思いませんか?
 
 
そこでアイプチをバレないようにするメイクグッズがアイシャドウとマスカラです。

マスカラをせずにつけまつげをするのも効果的ですよ。
 
 
基本的にはアイプチの、のりやテープがはみ出ていないかどうかが大事なところですが、まぶたとまぶたをくっつけてしまうので、まばたきした時にバレる可能性はあります。
 
 
 
そこで、登場するのがアイプチがバレないようにするアイメイクです。
 
 
まずはアイシャドウを上手に塗ることが大事ですね。

次にマスカラやつけまつげということになります。
 
 
上手にメイクをしてアイプチがバレないようにしましょう。

スポンサーリンク
 

アイプチがバレないアイシャドウの方法

アイシャドウはだいたい3色セットで売ってませんか?

ハイライト、まぶた全体、目の際という3色セットかと思います。
 
 
もっと多くの色が入っているパレットなんかもありますが、そこはアイプチがバレないアイシャドウの方法をマスターしてからで良いと思います。
 
 
アイプチをしていても3色使うことは大事ですが、2色でも何とかなります。

ハイライトを使うか使わないかの差だけですので、それはアイプチをしていなくても同じです。
 
 
 
まずアイシャドウの基本はハイライトを塗り、まぶた全体に好みの色を塗って目の際に濃い色を塗るということですが、

アイプチがバレないアイシャドウの方法としては、目の際に塗る濃い色を二重まぶたのラインまで全体に塗るということです。
 
 
アイプチで作った二重まぶたからはみ出さないようにして下さいね。

はみ出してしまうとアイプチがバレる原因となりますので。
 
 
 

後、大事なのはアイシャドウの色選びです。
 
 
寒色系や暖色系などがあり、自分に合う色がどれなのかを見極めることが大事です。

色は好みでも全く合っていないとむくんだ目に見えたりするので要注意です。
 
 
自分に合う色が分からない場合は、百貨店などのコスメコーナーで試してみたり、そのメーカーのビューティーアドバイザーの方がメイクをしてくれたりもします。
 
 
メイクをして貰うなら、アイプチがバレないアイシャドウの方法を知りたいとはっきり伝えると良いでしょう。

その目的に合ったものを紹介してくれるはずです。
 
 
買わないといけないような勧め方をされることもありますが、そこはご自身の判断でちょっとどれくらいこのアイシャドウが持つのか様子を見てみます。
 
 
などという理由で断ることも可能です。

購入するかしないかの選択はご自身で判断して下さいね。

スポンサーリンク
 

アイシャドウの他にメイクでアイプチがバレないようにするには

メイクをしてアイプチがバレないようにするには、アイシャドウの他にマスカラやつけまつげがあります。
 
 
まつげが上がることによって、アイプチがバレにくくなりますので、アイシャドウとマスカラやつけまつげをつけることによってリアル二重に見せれます。
 
 
マスカラをする場合はビューラーで根本からキレイなCカーブを作るようにして下さいね。

根本からきちんとまつげが上がっていないと、アイプチをしている部分までまつげが届かない可能性が高いです。
 
 
メイクでアイプチがバレないようにするには多少の練習が必要かも知れませんが、決して無理なことはありません。

頑張って練習しましょう。

まとめ

アイプチがバレないメイクはアイシャドウとまつげにあります。

アイシャドウは自分に合った色を選ぶことが必須です。
 
 
アイシャドウでバレないようにするのはそんなに難しいことではありません。

自分に合った色かどうかだけです。
 
 
ただ、敏感肌の人の場合は肌に合ったものを選ぶ必要もあるので、アイシャドウを使用して少しでも赤みやかゆみが出た場合は使用を止めて下さいね。
 
 
アイプチがバレないようにアイシャドウの塗り方や、まつげの上げ方を練習しましょう。

スポンサーリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です