アイプチの種類と特徴|一重,奥二重,幅を広げたい人で使うモノは違う!

アイプチの種類と特徴|一重,奥二重,幅を広げたい人で使うモノは違う!
 
 
 
簡単にぱっちり二重が作れることで人気のアイプチですが、アイプチ・アイテープ・メザイク・・・など種類は様々です。
 
 
うまく二重ができるかはそれぞれのまぶたの特徴によるので、自分に合ったアイテムを使いたいものですね。
 
 
そこで今回は、一重・奥二重・幅を広げたい人別におすすめのアイプチの種類と特徴をお伝えします!

 
スポンサーリンク
 

一重の人が使うアイプチの種類と特徴

まず一重の方の特徴としては、そうではない方もいるかとは思いますがまぶたが厚い方が多いです。
 
 
つまり、強力な固定力がないと外れてしまいます。

なのでおすすめのアイプチ系二重まぶた化粧品の種類としては『アイテープ』がおすすめです。
 
 
アイプチのりも強力なものもありますが、やはりアイテープが一番固定力があります。
 
 
アイテープの不自然さが気になるようであれば、長さを調節したり見えてしまいがちな端の部分をアイプチを併用して見えないようにしたり、アイシャドーで隠すなど工夫すれば自然に見えますよ☆
 
 
また、それでもぼんやりした二重ラインになってしまうという方はつけまつげも使用するとぱっちり二重になります!

スポンサーリンク
 

奥二重の人が使うアイプチの種類と特徴

奥二重の方のデメリットとしては、二重の線があまり見えないのでほとんど一重に見えてしまうということですよね。
 
 
また、アイプチをしても時間が経つと元の二重の線に戻ってしまう、という特徴もあるかと思います。

そこで奥二重の方におすすめな種類が、『折り込み式のアイプチのり』です。
 
 
 
折り込み式のアイプチのりとは、通常のアイプチのようにまぶた同士をくっつけるものではなくのりを塗るとまぶたに薄い膜ができ、それが少し固い状態になるのでその力でなりたい新しいラインを作れる、という特徴があります。
 
 
折り込み式のアイプチのりは透明になり、すごく自然に見えるのでおすすめですよ!

ただ、透明になった部分がテカる危険性はあるので上からアイシャドーを重ねた方がベターです。
 
 
相性の良いものを使えば取れてしまう、ということも少ないです。

スポンサーリンク
 

幅を広げたい人が使うアイプチの種類と特徴

元々二重だけど幅が狭めなので幅を広げて外国人のような平行二重にしたい!という方は、どんなアイプチ製品よりも自然に見せられる種類である『メザイク』や『二重まぶた美容液』を使用することをおすすめします。
 
 
元々二重の方はアイプチやアイテープほどしっかりまぶたを固定させなくてもこれらのアイテムで自然に幅を広げることができます!
 
 
 
メザイクは粘着性のある細い糸のようになっているという特徴があります。

使い方としては、なりたい二重の場所に食い込ませ、端の不要なところをカットするだけで完成します。

食い込ませる際のコツはそこまで要りませんが、カットする時は危険なので眉毛バサミなどを必ず使うようにしてください!
 
 
 
二つ目の二重まぶた美容液は、日中ではなく夜、就寝前に使用するものでまぶたの動きが少ない就寝時に二重の癖をつけるというものです。

朝起きたらそのなりたい二重のラインになっているので完璧に自然な状態で外に出られるので癖がつきやすい人は特におすすめです!

まとめ

一重・奥二重・幅を広げたい人別におすすめのアイプチの種類と特徴をお伝えしましたが、いかがでしたか?
 
 
それぞれの特徴を踏まえてアイプチの種類をまとめると、
 
 
■一重:アイテープ(場合によりアイプチやつけまつげを併用)

■奥二重:折込式のアイプチのり

■二重だけど幅を広げたい:メザイクや二重まぶた美容液
 
 
という感じです。
 
 
是非参考にしながら、まだ使ったことのない種類があれば一度試してみてくださいね!

アイプチのり派だったけどアイテープの方が綺麗にできた☆というふうになるかもしれませんよ。

スポンサーリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です