アイプチは奥二重の人だとできない?コツや注意点、おすすめアイテムはこちら!

アイプチは奥二重の人だとできない?コツや注意点、おすすめアイテムはこちら!
 
 
今や、二重になりたい一重の人だけでなく、二重幅を調節したい奥二重の人までアイプチは幅広く使われています。

ですが奥二重の人は、もともとある二重の線が邪魔をして、一重の人と同じアイプチの使い方をしてもうまくできないこともありますよね。
 
 
そこで今回は、
 
 
奥二重でアイプチができない人はどのように使えばうまくいくのか。

コツや注意点、おすすめのアイテムをご紹介します。

 
スポンサーリンク
 

アイプチは奥二重の人だとできないの?

ではここからは、アイプチは奥二重の人だとできないのか見ていきましょう。
 
 
奥二重の人は一重の人と違って、すでに狭い幅の二重の線があります。

そのためすでにある二重線の上をノリタイプのアイプチで接着しても、接着面の下で元の線が折り込まれてしまいます。
 
 
そうするとまつげの生え際に瞼の脂肪が覆いかぶさったままの、重たい印象のままになってしまうのです。

ですが、奥二重の人でもアイプチができないわけではありません。
 
 
奥二重の人でもぱっちりした目になることができるコツや注意点をご紹介します。

スポンサーリンク
 

奥二重の人のアイプチのコツや注意点は?

では、奥二重の人がアイプチをする時のコツや注意点とはどのようなものでしょうか。
 
 
奥二重の人がアイプチをするときのコツは、アイプチ液を広めに塗ることです。

少し癖のついている人などは、理想の二重線の上をなぞるようにして塗るだけで二重にすることができます。
 
 
 
しかし、奥二重の人は元の線が邪魔をして、新しい二重の線が定着しづらくなっています。

そこで奥二重の人は、なりたい二重線の上だけでなくその周囲まで広めに塗ることがやぼったくない二重を作るためのコツになります。
 
 
この方法の注意点としては、接着面が広いので瞼へのダメージが大きくなってしまうことです。
 
 
また、目を閉じたときなどの見た目も悪くなってしまうかもしれません。

このような注意点を踏まえて、次は奥二重の人におすすめの二重アイテムをご紹介します。

スポンサーリンク
 

奥二重の人におすすめのアイテムはこちら!

では、奥二重の人におすすめのアイテムを紹介していきたいと思います。
 
 
これは奥二重の人に限らないのですが、ノリタイプでは接着力が強いアイプチがおすすめです。

接着力の強さでおすすめなのが、
 
 
■アストレア ヴィルゴ アイビューティーフィクサー WP

こちらのアイプチは、接着力がとても強く、またウォータープルーフ仕様なので夏でも心配なく使うことができるためおすすめです。
 
 
次に奥二重の人におすすめしたいアイテムは、ノリタイプではなく被膜タイプのアイプチです。

被膜タイプのアイプチではこちらの商品がおすすめです。
 
 
■Ledouble [ルドゥーブル]  

被膜タイプのアイプチはノリタイプと違い、瞼同士を接着しないため瞼へのダメージが少なく済みます。

また、被膜タイプの特におすすめの点は、もともとある奥二重の線を消してくれるところです。
 
 
液をもとの瞼の生え際から自分のなりたい二重の線の下まで塗り、そのまま乾かせばまるでアイテープを貼ったような仕上がりにすることができます。
 
 
元の二重線を消し、まつげの生え際あたりから持ち上げてくれるため、もともと二重だったかのような自然な目にすることができますよ。

ノリタイプではうまくできないという方は試してみてください。

まとめ

今回は、アイプチは奥二重の人だとできないのか、奥二重の人がアイプチをするときのコツと注意点、そしておすすめの二重アイテムをご紹介しました。
 
 
ノリタイプや被膜タイプ、テープタイプなどアイプチには様々な種類があります。

同じ奥二重の人でも、それぞれ自分に合うアイプチは違ってくるので、相性のいいアイプチを探してみてください。
 
 
慣れるまでに練習が必要ですが、できるようになれば気持ちが明るくなりますよ!

スポンサーリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です