アイプチやり方|のりでの二重の作り方やコツをご紹介!

アイプチやり方|のりでの二重の作り方やコツをご紹介!
 
 
 
アイプチを使う時に一番気になるのが仕上がりです。

なるべくなら人に気付かれないような綺麗な二重に仕上げたいものです。

でも、のりタイプのアイプチで上手く仕上げるのって、少し難しいですよね。
 
 
今回は、そんなのりで二重を綺麗に仕上げる作り方と、注意するべきコツをご紹介していきます。

 
スポンサーリンク
 

アイプチやり方|のりタイプでの二重の作り方

では、まず失敗しにくい二重の作り方の手順をご説明します。

スポンサーリンク
 

二重の作り方①|アイプチを使う前にまぶたの皮脂を取る

つい忘れがちですが、事前準備としてとても大事なのがまぶたを綺麗にしておくことです。

皮脂があるとアイプチが付きにくく、また後からヨレてきたり、取れたりしてしまう原因になります。

コットンなどで拭いて皮脂や汚れを取りますが、強く擦らないように気をつけましょう。

二重の作り方②|ヘアピンなどで、アイプチのりをつける二重の幅を決める

さて、まぶたを綺麗にしたら次は二重の幅と形を決めます。

ヘアピンなどの細いもの(先の尖っていないもの)を使って、自分の目に合うラインを探します。

その時に、自分の希望ラインよりも癖がつきやすいラインを優先すると、後からアイプチが取れにくくなります。

ピンなどでまぶたを押し上げながら、二重になりやすいラインを探しましょう。

スポンサーリンク
 

二重の作り方③|決めた場所にアイプチのりを塗る

二重にしたいラインが決まったら、そのラインにそってアイプチを塗っていきます。

アイプチを塗った部分が皮膚と皮膚がくっつく部分になります。

あまり広く塗ってしまうと、その分まぶたがくっつきすぎて不自然になってしまうので気をつけましょう。

二重の作り方④|アイプチのりに付属しているプッシャーで癖をつける

目をつぶったまま、少しのりを乾かします。

白いのりが半透明くらいまでになってきたら、プッシャーの出番です。

(プッシャーは大抵アイプチにセットでついてきますが、無い場合はヘアピンなどでも代用可能です。)

先ほど決めた二重の幅にプッシャーをあてて、上に向かって軽く押し込むように食い込ませます。

二重ができたら、そっと優しくプッシャーを外しましょう。
 
 
 
以上がきれいな二重の作り方です!

それでも上手くできない、、、という方のために、ちょっとしたコツもご紹介しますね。

スポンサーリンク
 

アイプチのりで綺麗な二重を作るやり方のコツは?

基本的には上記のやり方でも十分きれいな二重ができますが、まぶたの厚い人や、幅の広めの二重を作りたい人には以下のコツも併用することをおすすめします。

作り方のコツ①|アイプチのりの厚塗りはしない!

なかなか癖がつかないと、つい厚く塗りたくなってしまいますよね。

でもそれが、のりがヨレたり、取れやすくなってしまう原因になります。
 
 
しっかりとした二重を作りたい場合は厚塗りをするのではなく、アイプチのりの2度塗り、3度塗りをしてみましょう。

乾かないまま上から塗ってしまうと厚塗りと変わらなくなってしまうので、きちんと1度目のアイプチのりを乾かしてから塗るようにしましょう。

作り方のコツ②|プッシャーを二重に強く押し当てすぎない!

はっきりとした癖をつけたくて、ついついプッシャーを強く押し当てがちです。

が、そうするとプッシャーを外すときに、アイプチのりがプッシャーについてしまい、汚い仕上がりになってしまうこともあります。
 
 
目を痛めてしまうことにもなりかねませんので、優しくプッシャーを上にあげるように使いましょう。

作り方のコツ③|二重の形はできれば末広型にのりをつけよう

綺麗な女優さんやモデルさんは、幅広のくっきりした平行二重の人が多いです。

彼女たちを見ていると、つい同じような二重にしたくなってきます。
 
 
でも、アイプチのりに、幅広並行二重の形は大敵。

日本人の目で自然に仕上げるのはかなり難しいです。

できれば癖のつきやすい末広型にするのも一つのコツです。

作り方のコツ④|アイプチのりが乾いたら指でこする

二重のラインを作ってのりも完全に乾いたら、指でそーっとアイプチのりを塗ったところを軽くこすりましょう。

こすることでアイプチ特有のテカリが抑えられ、自然な見た目になります。

スポンサーリンク
 

まとめ

アイプチのりを使った二重の作り方はコツが必要なものの、やり方を工夫すればきれいな二重になります。

慣れれば簡単にきれいな二重が作れるようになりますので、ぜひ何度か練習してみて下さいね。

スポンサーリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です