一重から二重にする方法は何がある?それぞれの難易度と成功率

一重から二重にする方法は何がある?それぞれの難易度と成功率
 
 
最近は二重メイク用の商品が色々出てきていて、どれを使ったらいいのか迷いますよね。

そこで今回は、
 
 
●二重にするには何の方法があるのか

●一重の方がそれぞれのアイテムを使った時の難易度と成功率
 
 
をご紹介します!

一重から二重にする方法には何がある?

一重から二重にする方法には、以下のようなものが挙げられます。

それぞれの特徴も併せてご説明します。

一重から二重にする方法①アイプチのり

これは一番スタンダードな方法ですね。

二重をつくりたい線に沿ってまぶたをアイプチのりでくっつける、という仕組みです。

一重から二重にする方法②アイテープ

こちらも2番目にポピュラーな方法です。

アイプチのテープバージョンなので、より強力ですがうまく貼らないと目立ちやすくもなってしまいます。

一重から二重にする方法③絆創膏

絆創膏も、アイテープの代わりになります。

肌色なので目立ちづらく、安く手に入れられるので人気急上昇中です。

一重から二重にする方法④二重まぶた美容液

二重まぶた美容液とは、日中に使用するのではなく夜就寝時に二重の癖付けをする為に使うものです。

美容液という名前だけあって美容成分が多く含まれており、まぶたへの負担も少ないです。

一重から二重にする方法⑤メザイク

メザイクは、細い糸のような粘着質のもので二重にしたいラインに食い込ませるものです。

目立ちづらさは◎なのでこちらも人気の商品です。

一重から二重にする方法⑥つけまつげ

つけまつげでも一重から二重にすることはできます。

芯が堅めのものに限りますが、つけまつげを付けた後にプッシャーで二重にしたいラインに食い込ませるとつけまつげの圧力で二重ができる、という方法です。

一重から二重にする方法⑦つけまつげ用のり

つけまつげ用のりでもアイプチ代わりにする一重の方は多くいます。

つけまつげを使用されている方はアイプチののりを用意する必要がなくなるからのようです。
 
 
 
ここまで、一重から二重にするには何の方法があるのかをご紹介しましたが、それぞれの方法で二重にできる難易度と成功率は変わってきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク
 

一重から二重にする方法のそれぞれの難易度と成功率

もちろんそれぞれのカテゴリーだけでなくメーカーによっても相性は異なってきますが、今回は一般的に一重の方がそれぞれのカテゴリーの二重メイクの商品を使った時の難易度と成功率を5段階評価でご紹介します!
 
 
また、難易度は一重から二重にする難易度、成功率はバレにくい二重ができる成功率という意味とします。

アイプチのりの難易度と成功率

■難易度★★☆☆☆
■成功率★★★☆☆
 
 
難易度としてはそんなに難しくはないですが、のりがしっかり半透明にならないと白く見えたり、まぶたがくっついて見えたり不自然になる可能性があります。

しっかりアイプチのりは乾かし、上からアイシャドーを重ねるなどの工夫が必要です。

アイテープの難易度と成功率

■難易度★★★☆☆
■成功率★★☆☆☆
 
 
アイテープはアイプチのりより難易度は上がります。

慣れるまでは練習しておく必要があります。

アイテープにも端が見えて不自然な印象になる可能性はあるので、こちらもアイシャドーなどで工夫する必要があります。

絆創膏の難易度と成功率

■難易度★★★★☆
■成功率★★★★☆
 
 
絆創膏はアイテープの代用品として使用される方法ですが、肌色なので目立ちづらいのと医療用テープと同じ素材の為肌に優しいので人気があります。

しかし、アイテープ用に作られたものではないので一重の方は特にカットする加減や貼り付け方に苦戦します。

粘着力はアイプチ商品よりも劣ります。

二重まぶた美容液の難易度と成功率

■難易度★★★★★
■成功率★★★★★
 
 
この方法は、一重の方は癖付けができるまでに多くの時間を要します。

二重の方が幅を広げたい時に使用する分にはおすすめしますが、思うような二重のラインができるまでに時間がかかる上、癖付けができないリスクもあります。

ただ、できてしまえば本当の二重になれるので周りから何かを使ったことはバレません。

メザイクの難易度と成功率

■難易度★★★★☆
■成功率★★★★★
 
 
メザイクは、しっかり食い込ませれば二重のライン作りにそこまで苦戦することはありませんが端をカットする工程に初めは慣れないと思います。

でも、できてしまえばすごく自然なのでおすすめです!

切る時は眉毛のカットばさみを使う方法が良いと思います。

ただ、一重の方はあまり二重幅を欲張るとそもそも食い込まないので現実的な幅にする必要はあります。

つけまつげの難易度と成功率

■難易度★☆☆☆☆
■成功率★★★★★
 
 
この方法だと、つけまつげを付けてからプッシャーでなりたい二重幅に押し込むだけなので簡単です。

また、芯の堅いつけまつげを選べばしっかり食い込みますが柔らかいつけまつげだと全くその役割を果たさないので注意が必要です。

まぶたには何もつけないので、すごく自然に二重が作れます。

スポンサーリンク
 

まとめ

一重から二重にするには何の方法があるのか?と、それぞれの難易度と成功率をご紹介しました。

二重にする方法には様々な種類がありますが、難易度や成功率はバラバラなので自分に合いそうな方法を試してみてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です