一重女子が似合う眉毛の太さや形は?書き方や整え方についても!

【一重女子が似合う眉毛の太さや形は?書き方や整え方についても!】
 
 
メイクの際に、簡単なようで意外と悩むのが眉毛についてですよね。

眉毛が薄かったり太かったり悩みはそれぞれだと思いますが、目の形によっても似合う太さや形があるのをご存知ですか?
 
 
眉毛は少し変えるだけでも顔の印象を大きく変えることができるパーツです。

自分に似合う眉毛にすることでワンランク上の女性になれると思いますよ。
 
 
そこで今回は、一重女子に似合う眉毛の太さや形についてご紹介すると同時に、一重女子に似合う眉毛の書き方や整え方についてもご紹介したいと思います!

 
スポンサーリンク
 

一重女子が似合う眉毛の太さや形は?

では、一重女子が似合う眉毛の太さや形とはどのようなものなのでしょうか?
 
 
まず眉毛の太さです。

一重さんは細すぎたり太すぎたりする眉毛にはあまり向いていません。

細すぎる眉毛は、あまり流行ではありませんし、まぶたが厚いタイプの一重女子が細眉にすると怖い印象を与えてしまうかもしてません。
 
 
太い眉毛は、はっきりした顔立ちの方に多いですよね。

なので、目元の印象が薄めの一重さんが太い眉毛にしてしまうと目元よりも眉毛の印象が強くなってしまい、目元がより薄い印象になってしまいます。
 
 
そこで、一重女子には目の幅よりも少し細いくらいの眉毛の幅がおすすめです。

この太さであれば最近ブームの自然な眉毛にすることができます。
 
 
 
次に、一重女子に似合う眉毛の形です。

一重女子には、極端に上がったり下がったりしていない平行に近い眉毛がおすすめです。
 
 
あまり印象に残るような眉毛にしてしまうと目の印象が薄くなってしまいますし、眉毛を整えた際にもともとの形から離れたものにしてしまうとカットする範囲が広くなるため自然な仕上がりにすることができなくなってしまいます。
 
 
ナチュラルな平行眉はここ数年の流行でもあるので挑戦しやすいですよね。

スポンサーリンク
 

一重女子が似合う眉毛の書き方は?

ここからは、一重女子が似合う眉毛の書き方についてご紹介します。

アイブロウにはパウダータイプやペンシルタイプがあります。
 
 
もともと眉毛が濃い目の方や薄くないという方は、パウダータイプを使ってふんわりと書いてあげると自然な眉毛を作ることができます。

また、眉毛が薄いという方は、ペンシルタイプのアイブロウを使って毛量の少ないところを埋めるように書いていき、その上からパウダーでふんわり書くと自然な仕上がりになりますよ。
 
 
ペンシルタイプで眉毛の書き方のコツは、毛を1本1本書き足すような感じで書いていくことです。

こうすることで本物の眉毛が生えているように見せることができますよ。
 
 
ペンシルタイプは、眉毛の輪郭を取るときや眉尻のラインを書く時にもおすすめです。

スポンサーリンク
 

一重女子に似合う眉毛にするための整え方は?

次は、一重女子に似合う眉毛にするための整え方をご紹介します。

自然な眉毛にする整え方では、眉毛を整える際に剃りすぎない、毛量を減らしすぎないという点に注意することが大切です。

ではそれを踏まえて、眉毛の整え方を見ていきましょう。
 
 
まず、失敗しないためには、理想の眉毛の形を先に書いておくことが重要です。

こうすることで、幅を狭くしすぎたり切りすぎたりしたという失敗を防ぐことができます。
 
 
次に、自分で書いた眉毛のラインからはみ出ている毛をハサミで切っていきます。

この時、もともとの眉毛が書いた眉毛からかなりはみ出しているという方はL字のカミソリや電気シェーバーを使って剃っていってください。
 
 
そして最後に、コームで眉毛をとかし、はみ出ている部分をカットします。

眉毛をとかす際に、流れに沿ってとかすのではなく、少し下に向けてとかすと余分な長さの眉毛がわかりますよ。

まとめ

ここまでで、一重女子に似合う眉毛についてご紹介しました。

シンプルな印象の一重女子には、自然な眉毛がおすすめだということがわかりましたよね。

眉毛は、太さや形だけでなく、髪の毛の色や瞳の色によって色を変えることでまた違った印象にすることができるので眉毛メイクは案外奥が深いものです。
 
 
一重女子に似合う眉毛の書き方と整え方もご紹介したので、自分に似合う書き方や整え方が分からないと悩んでいた一重女子の方もこの記事を参考にしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です