一重で涙袋なしの女性でも大丈夫!涙袋を作る簡単なメイク方法!

【一重で涙袋なしの女性でも大丈夫!涙袋を作る簡単なメイク方法!】
 
 
一重で涙袋がないと目にインパクトがなくてメイクが盛れない・・・とお悩みではありませんか?

そんな方でも簡単に涙袋を作れるメイクの方法があります!
 
 
一重だとしても涙袋さえあれば目の大きさが全然違ってきますよね。

その証拠に、人気アイドルや女優さんには必ず涙袋があります。

是非、これからご紹介する方法を試してみてくださいね♪

一重で涙袋がなしでも簡単に涙袋を作れるメイク方法

一重で涙袋がなしの女性でも安心してください。

涙袋はメイクで作れます!
 
 
全く土台となるものがなく平坦だとしても、今からご紹介する方法で一重の方でも簡単に可愛く変身できます!

そこで重要になってくるのは、「立体感(ぷっくり感)」と「影」です。
 
 
必要になるメイク道具は、濃いめのブラウンのアイシャドーと少し黄色味のあるラメのアイシャドーです。

ブラウンのアイシャドーは「影」になり、ラメのアイシャドーは「立体感」になります。

通常のアイシャドーのチップだと涙袋を作るには大きすぎるので細い方のチップを使いましょう。
 
 
また、ブラウンとラメのアイシャドーはそれぞれ分けて使用しないと色が混ざってしまい意味がないのでどちらも小さめのチップをご用意ください。

メイクのタイミングとしては、下地やファンデーションは済ませた後にしましょう。
 
 
メイクの方法としてはまず、ラメのアイシャドーをチップにとり、笑った時にぷっくりする部分全体に塗ります。

コツとしては、何も考えずに塗ると塗りすぎて不自然になってしまう為少しづつとり、真ん中から目頭・目尻にかけて広げていくようなイメージでしてみてください。

少し自分の涙袋よりオーバーめでも問題ないです。
 
 
次に、影をつくります。

今度は笑ったときにくぼみができる部分に濃いめのブラウンのアイシャドーをつけます。

こちらも先程と同様、真ん中から目頭・目尻に伸ばしていきましょう。

また、より自然に見せる為に目尻部分にも影を作ったのと同じ色のアイシャドーを入れるとタレ目効果も出るのでおすすめです♪

スポンサーリンク
 

一重でも大丈夫!涙袋を作るのにおすすめのメイク道具

アイシャドーと一口に言っても色んな色のものがありますよね。

影用と立体感用で他のものを使うと費用がかかったり少し面倒です。

そこで、これ一つで涙袋ができるおすすめのアイテムをご紹介します!
 
 
それは、「セザンヌ トーンアップアイシャドウ 02 ローズブラウン」です。

同じトーンアップアイシャドウでも色んな色味がありますが、立体感・影どちらも作るのに最適な色味が入っている02 ローズブラウンがベストです。

使用するのはこの中で一番薄い色(立体感用)と一番濃い色(影用)のものです。
 
 
影用に関しては濃い色のものは多いので他のアイシャドーでも代用しやすいのですが、涙袋の立体感を出す為の色味でちょうど良いものがなかなかありません。

その点、トーンアップアイシャドウ 02 ローズブラウンの薄い色のものは肌の色に似ているところとラメ感が絶妙な色合いで人気です。

値段もプチプラで持ち運びしやすい小さなサイズなところも魅力的です。
 
 
その他にも涙袋用のメイク道具で涙袋を作る方法もあります。

「涙袋ウルミライナー」という商品が口コミサイトでも人気のようです。

涙袋に特化した製品なので、アイシャドーをつけるよりも落ちづらいというメリットがあります。

アイシャドーを使用する場合は、落ちづらくする為に涙袋の部分にも下地をしっかり塗りこんでおくと良いです。

一重の方の目を大きくする強力な味方になってくれるはずです!

スポンサーリンク
 

まとめ

一重で涙袋がなしの女性でも簡単に涙袋を作るメイク方法を、メイク道具と併せてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?

一重でも涙袋を作ることで立体的に、かわいらしい目元をつくることが可能です。

ご紹介した方法で、子猫ちゃんのような愛されフェイスを手に入れてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です