埋没法の取れかけ時の対処法は?で復活・維持させることは可能?

【埋没法の取れかけ時の対処法は?アイプチで復活・維持させることは可能?】
 
 
アイプチではどうにもならない…そう思った方が一度でも検討したことがあるのが美容整形手術の埋没法ですよね。

気軽にできるプチ整形として若い女子高生や女子大生に大人気です。
 
 
でも、埋没法って取れるって聞いたことありませんか?実はせっかく手術をして埋没法で二重になったのに、埋没法が取れて、一重に戻ってしまうことが結構あるんです。

なんと一年以内に取れている人も!埋没をして、取れかかってるかも…と不安になっている人も多いはず。
 
 
そんな埋没法が取れかかっているときの見分け方や対処法、アイプチで埋没法で作った二重を延命、維持できるかどうかを徹底解説!

 
スポンサーリンク
 

埋没法の取れかけ時はどうやったら分かるの?

埋没法で作った二重の取れかけ時は、どうやったらわかるのでしょうか?

それは、二重の線が薄くなったかどうかで判断します。
 
 
手術して1ヶ月の二重の線と、現在の二重の線を見比べたときに、今の方が薄くなっている、

消えかかっているのであれば埋没法の取れかけ時のサインです。
 
 
しかし、毎日顔を見るので、線が薄くなっているかどうかなんて分かりにくいですよね。

そんなときは「なんとなく目がぱっちりしなくなった」と思う瞬間が増えたら埋没法が取れかかっている合図でもあるんです。

日頃から顔を観察して、埋没法の様子を気にするようにすることが取れかけ時の早期発見につながります。

スポンサーリンク
 

埋没法の取れかけ時はアイプチで復活・維持できる?

埋没の線が薄くなっている、または目がぱっちりしなくなった…

という埋没法が取れかかっていることに気づいたら、アイプチで埋没法で作った二重の復活、維持を考える女の子も多いかと思います。
 
 
埋没法が取れかかった二重は、アイプチでは復活や維持することは難しいです。

埋没法が取れるということは、まぶたが脂肪や皮膚で分厚く、糸が切れてしまう、緩んでしまった結果なので、埋没法が合わないまぶたであることが言えます。
 
 
このため、再度埋没をしたとしても、取れる可能性が大変高く、埋没ではなく切開法で二重を作らなくては二重を維持することができません。

そんなまぶたにアイプチ程度で二重の復活や維持など難しいと言わざるを得ません。

スポンサーリンク
 

埋没法がとれてしまった場合の対処法は?

果たして、埋没法で作った二重が取れてしまった場合の対処法はあるのでしょうか?

実は埋没法が取れてしまった場合の対処法として、切開法での手術が適用になります。
 
 
ここで対処法として、再び埋没で二重にすると考える方もいらっしゃるのですが、それは間違いです。

再び埋没で二重にしても、二重が定着する可能性が大変低いまぶたであることが、埋没が取れたことで証明されて島手入るためです。
 
 
埋没法でも、3,4,5点止めなど、点数を多くした埋没法が存在していますが、あまり点数が多すぎると、線ががたつき、不自然に見えるケースを多く、対処法としてはオススメできません。
 
 
また、点数が多くなると、その分ダウンタイムが長引くことが予想されます。

なので本当にキレイな二重を手に入れたいのなら、勇気を出して切開法での手術にチャレンジしなければなりません。

まとめ

埋没法の取れかけ時の見分け方や対処法、アイプチでの復活・維持について解説してきましたがいかがでしたか?
 
 
埋没法が取れてしまうという時点で、まぶたが脂肪または皮膚が分厚いことである証拠で、そんなまぶたには、残念ながらアイプチは効かず、埋没の復活や維持は難しいことが分かりました。
 
 
また、埋没法が取れてしまってから、再び埋没をするときに、もともと前回の手術によって埋められた糸を取り除くことは難しく、プラスで料金が発生します。

このため対処法として、糸を取り除かずに再び整形をする人が多いです。
 
 
つまり、一生まぶたに糸を入れたまま過ごす人が多いということです。

大事な身体、ましてや身体のことなので、安易に整形をせずにしっかり調べてから行ってくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です