アイプチは夜だけでも二重になれるの?とれるときの対処法は?

夜の間に二重になっていたら朝起きてからのメイクの時間が短くて済みますよね。
 
完全に二重のクセがついてしまってリアル二重になるのが理想だと思います。
 
 
日中アイプチをつけるのが苦手な方は夜用のアイプチで二重にしたいと考えるでしょう。
 
ただ、夜、寝てる間にアイプチがとれてしまうこともあります。
 
 
そこで今回は、夜だけアイプチをして二重になれるのかとれるときの対処法はどのようなものがあるのかをご紹介します。
 
 

 
スポンサーリンク
 

アイプチは夜だけでも二重になれるの?

 

 
アイプチを夜だけして二重になれる人もいれば、なれない人もいます
 
人によって、まぶたの脂肪の付き方やまぶた自体の筋力の差があるので、一概になれるとも、なれないとも言えません。
 
 
アイプチを夜だけして二重になりやすい人は、まぶたの脂肪が薄く、まぶたの筋力の強い人と言えるでしょう。
 
自分に合ったアイプチを使っているかどうかも大事な要素になります。
 
 
後は、まぶたの筋肉トレーニングをすると、夜だけのアイプチ使用でも二重になる可能性が高くなると思いまよ。
 
 
まぶたの筋肉トレーニングは色々な方法があるので調べてみて下さいね。
 
まぶたの筋肉トレーニングはどこでも出来ますし、割と簡単です。
 
 
ぜひ試してみて下さい。
 
 

スポンサーリンク
 

アイプチが夜寝てる間にとれるときの対処法は?

 

 
アイプチが夜寝ている間にとれるということは、粘着力の低いアイプチを使用しているか、目をこすって取ってしまっているかということになるかと思います。
 
 
対処法としては、アイプチを違うものに変えるということです。
 
 
のりタイプを使用しているなら、両面テープタイプにしてみたり、どちらもダメな場合は折り込み式を試してみてはいかがでしょうか。
 
 
折り込み式のアイプチは、のりタイプやテープタイプと違い、まぶたとまぶたをくっつけるのではなく、名前の通りまぶたに塗った液を乾かして二重ラインまで折り込むというものです。
 
 
夜寝ている間にアイプチがとれてしまう場合は効果的かと思いますよ。
 
 
他の対処法としては、寝ている間に目をこすってしまわないように、アイマスクをするのも良いでしょう。
 
 
後は、ビューラーでまつげを上げて寝るのも1つの対処法ですね。
 
 
アイプチ使用を夜だけにして二重になりたいですね。
 
 

スポンサーリンク
 

アイプチの夜用オススメアイテム

 

 
のりタイプのオススメ “ナイトアイボーテ
 
 
この商品は夜用に作られていて美容成分がふくまれ、まぶたに優しいのに粘着力は強いという優れものです。
 
のりタイプですので、まぶたとまぶたをくっつけて二重を作ります。
 
 
テープタイプのオススメ “ワンダーアイリッドテープ エクストラ 120本
 
 
医療用で使われているテープの粘着剤を使用していて、かっちり固定する両面タイプです。
 
テープの厚みは0.09mmと極薄の両面テープで二重を作ります。
 
 
テープが柔らかくてとれてしまうという方は試してみると良いかも知れません。
 
 
折り込みタイプのオススメ “ルドゥーブル
 
 
折り込み式なので、夜寝ている間にとれたりする心配はありません。
 
 
まつげの際から二重にしたいラインまで薄く塗ってドライヤーの冷風で乾かし、目を開けるだけで二重が出来ます。
 
 
どのタイプのアイプチが好みなのか、どのタイプのアイプチならとれないのか、どのアイプチなら理想の二重ラインが出来るのか試してみて下さい。
 
 
夜だけでも二重になれる可能性はあるので頑張りましょう。
 
 

まとめ

 

 
アイプチ使用は夜だけでも二重になることは可能です。
 
どれくらいの時間が掛かるかは人によって様々ですが、諦めないことが肝心です。
 
 
夜にとれてしまう場合は、対処法もありますので試してみて下さいね。
 
 
一番大事なのは、夜アイプチをする前に、まぶたの皮脂や汚れをキレイに取っておくことが大事ですよ。
 
 
自分に合ったアイプチ、まぶたの筋トレをして理想の二重になりましょう。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です