二重まぶたに自力でするトレーニング方法!努力次第では可能!?

二重まぶたに自力でするトレーニング方法!努力次第では可能!?
 
 
 
巷では、

まぶたをマッサージしてたら自力で二重になった!

目元のトレーニングしてたら二重になったよ

という人が存在します。
 
 
 
そんな話を聞くと「本当なの?」と半信半疑になってしまいますが、プチ整形である手術もすることなく、綺麗な二重が手に入ったら一番ですよね。
 
 
実際、二重になりやすいマッサージやトレーニングはあるんです。
 
 
しかも手術と違って、自力で努力して作った二重だからこそ、また二重が取れかかってきた時には自分でトレーニングをし直して二重に戻すことも可能です。
 
 
ここでは『二重まぶたに自力でするトレーニング方法』について説明していきます。

 
スポンサーリンク
 

二重まぶたに自力でするトレーニング方法!

よし、早速自力で二重まぶたにするトレーニングをしてみよう!と思ったそこのあなた。
 
 
まぶたがむくんでる状態では、いくらトレーニングをしても効果はなかなか出なくなってしまいます。
 
 
なので、まずはむくみを取ることから始めましょう。

スポンサーリンク
 

手順①まぶたのむくみを取る

自力で二重まぶたに使用と思ったのなら、まぶたのむくみ取りは非常に重要になります。

さて、そんなまぶたのむくみ取りは、目の周りの血行を良くすることが大切です。
 
 
 
【むくみ取りの手順】

涙袋の下(頬骨と眼球の間)の辺りを、指を軽く押し込むようにして2秒間。

これを目頭側から目じりに向かって移動しながら何ヵ所か繰り返します。
 
 
 
目の下が終わったら次は目の上です。

眉毛のあたりにある、骨と眼球の間辺りを、同じく指を軽く押し込むようにします。

こちらも目頭側から目じりに向かって移動していきます。
 
 
 
これで目元のコリも取れ、かなりすっきりします。

目が疲れた時にもおすすめです。

スポンサーリンク
 

手順②癖をつけるためのトレーニングをする

まぶたのむくみを取って二重の癖がつきやすい状態になったところで、トレーニングを始めていきます。
 
 
トレーニングの目的は「二重の癖付け」と「それを維持するための筋肉を鍛える」ことにあります。
 
 
そして、このトレーニングを継続して行うことにより、自力で二重まぶたにすることは可能になるのです。

癖のつきやすい二重のライン探し

まずは鏡を見ながら癖付けをしていきます。

ヘアピンなどで、まぶたを押して二重にしてみます。

一か所だけを押して、自然とできた二重のラインが癖のつきやすいラインです。
 
 
この時に注意するのは、欲張らないこと

二重の幅が広すぎると、なかなか癖がつきません。
 
 
ペアピンで二重を作るときに、二重になりやすいラインを選びましょう。

理想の二重のラインが決まったら、早速癖づけの為のトレーニングに入ります。
 
 
 
ピンを押して二重になっている状態のまま、目線をやや上に向けます。

この時、なるべくおでこの筋肉は使わずに目の周りの眼輪筋だけを使って目を見開いて上目づかいにしましょう。
 
 
おでこの筋肉を使ってしまっているかどうかは、眉毛が動いているかどうかをチェックします。

上目づかいにした時に、一緒に眉毛も上に動いてしまっていたらそれはおでこの筋肉を使ってしまっています。
 
 
目をはっきり開こうとすると、どうしてもおでこまで動きやすいので鏡を見ながら注意しましょう
 
 
(※この、目を見開いた上目づかいは、はたから見るとちょっと怖い絵になってしまうので、部屋やトイレの中でこっそりやりましょう。)
 
 
 
目の筋肉だけで上目づかいができたら、そっとヘアピンを外します。

外す時は直角に抜くのではなく、ラインを目尻にむかってなぞるように抜くと二重のラインをキープしやすいです。

二重ラインを維持するためのトレーニング

ピンを外したら、今度は人差し指と中指で、目頭と目尻をそれぞれ押さえてラインがすぐに戻らないようにします。

軽く目を両端に引っ張るようなイメージですが、あくまでイメージで、かるく押さえる程度にしましょう。
 
 
 
この状態で、5分キープします。(瞬きはしても大丈夫です)

途中で目が疲れてきますが、二重のラインを作ったまま目を見開く状態をキープすることが重要なので頑張りましょう。
 
 
 
5分間頑張れたら、トレーニングは終了です。

このトレーニングを1日に数回繰り返していくと、だんだんと癖が強くなってきます。
 
 
 
二重ラインでいる時間を増やすためにも、トレーニング回数は多いほうがいいです。

特に朝起きてすぐと、寝る前には必ずやるようにした方が癖がつくスピードが速くなります。

まとめ

始めたばかりの頃は、トレーニングを終わって気が抜けた瞬間にラインが取れてしまった、、、とがっかりすることが多いです。
 
 
 
また、まぶたが分厚くて、全く癖がつく気配すらない!

という方は、まずはむくみ取りと、まぶたの脂肪を薄くするためのマッサージを念入りにするのがおすすめです。
 
 
 
このむくみ取りとトレーニングのダブル使いで実際に自力で二重まぶたになれた方も数多くいます。

時間をかけて努力することで理想の二重まぶたを手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です