アイプチは夜だけでも危険?まぶたが伸びる可能性大!?

アイプチは夜だけでも危険?まぶたが伸びる可能性大!?
 
 
 
いままでに「アイプチをあんまり使うとまぶたが伸びるから危険」という話は聞いたことありませんか?

アイプチ愛好家では有名な話ですよね。
 
 
 
実際に体感している女の子もいるのではないでしょうか。

「それなら夜だけ使おう!」と夜のみアイプチしている女の子もいるのではないでしょうか?
 
 
実は使い方によっては、夜だけでもまぶたが伸びてしまうことがあります。
 
 
そんな

まぶたの伸びの原因
伸びたら治るかどうか
アイプチによるまぶたの伸びの対策

などを徹底解説!
 
 
アイプチを正しく使って、まぶたの伸びを防いで、ずっとかわいい目元を目指しましょう♡

 
スポンサーリンク
 

アイプチは夜だけでも危険?かぶれによる伸びとは?

アイプチを使っていたら、まぶたがかぶれてしまった!

というのはアイプチあるあるですよね。
 
 
 
そのため、かぶれたことがある女の子も多いと思います。

実は、夜だけでのアイプチでもかぶれてしまう危険性は高いのです。
 
 
 
アイプチは強い接着成分が含まれていて、まぶたには刺激が強くてかぶれてしまうことが多くあります。

まぶたのかぶれを何回も繰り返していくうちに、まぶたのハリを保つコラーゲンなどの成分が破壊されていきます。
 
 
 
つまり、かぶれるほどにまぶたのハリを保ちにくくなり、たるんで伸びる、ということです。
 
 
かぶれても、すぐに治るからいいや~と思ってかぶれるアイプチを使い続けると、夜だけでも知らないうちにまぶたが伸びてしまうかも…

スポンサーリンク
 

アイプチを落とすときにまぶたが伸びる

毎日アイプチはどうやって落としてますか?
 
 
クレンジングで、メイクを一緒に落とす人が多いのではないでしょうか。

それだけで、本当にアイプチは全部きれいに落ちてますか?

めんどくさいからゴシゴシこすっちゃっていませんか?
 
 
 

実は、まぶたを強くこすることが、まぶたのたるみや伸びにつながっているんです。

一回一回は少ない力でやっているかも知れません。
 
 
 
しかしそれが毎日ゴシゴシ行われると、まぶたに疲労が蓄積してまぶたがだんだんと伸びてくるという結果につながります。
 
 
メイクの落とし方の方法を変えて、まぶたに負担の少ないクレンジングの方法を実施しましょう。

また、夜だけ使用している方も、朝のアイプチ落としには十分に注意しましょう。

スポンサーリンク
 

アイプチによって伸びたまぶたは元に戻る?

先ほども少し、お話したように、夜だけのアイプチだけでも、まぶたがかぶれることによって伸びてしまう可能性が高いです。
 
 
そのため、もうすでにアイプチによるまぶたの伸びを感じる…

という方も多いのではないでしょうか。
 
 
では、この伸びって元に戻るのか?

実は元に戻すことは難しいんです。
 
 
一度伸びて変形してしまった皮膚組織は、もとのハリを取り戻しにくくなっています。
 
 
美容整形外科では、まぶたのたるみを取り除く「眉下切開」という方法が存在します。

まぶたを二重にするのではなく、まぶたの余分な皮膚組織を取り除く手術です。
 
 
 
アイプチで伸びた皮膚は、眉下切開や、二重にするついでに余分な皮膚組織を取り除く二重切開法を行うしか方法がありません。
 
 
手術になる前に、まぶたが伸びない方法やケアでアイプチをするのが大切になってきます。

夜だけのアイプチでもまぶたを伸ばさないためにできること

では、ここで本題。

アイプチによるまぶたの伸びを防ぐ方法を紹介します。
 
 
 
まずは、夜だけだとしても、かぶれにくいアイプチを使用することです。
 
 
今では、いろんな種類のアイプチが販売されていますが、ヒアルロン酸や、コラーゲンなど、肌のうるおいを保ち、かぶれを防ぐ成分が含まれているアイプチが存在します。
 
 
肌を労わる系のアイプチにトライしてみましょう。
 
 
 
次に、アイプチを落とす方法を見直すことです。

ゴシゴシこすらなくてもすむように、コットンにたっぷりのクレンジング液を含ませて、まぶたにしばらく置いてみましょう。
 
 
 
アイプチがふやけて、こすらなくてもアイプチが取れます。

これならまぶたにかかる負担がグッと減りますね。

まとめ

今回は、アイプチによる、まぶたの伸びについて説明してきました。
 
 
アイプチによる、まぶたの伸びは主にかぶれと、こすったりなどの刺激によるものでることが分かりました。
 
 
そして、一度伸びたまぶたは、元に戻る可能性が低く、手術による切開除去のみが有効であり、そうなる前の対策が大切ということも分かりました。
 
 
まぶたに負担の大きいアイプチの使用をやめて、まぶたにやさしい成分が配合されていたり、まぶたを落とすたびに刺激するような方法を避けて落とすようにしましょう。
 
 
正しいアイプチの使用方法で、夜だけ使用する方も、ずっとかわいい目元をキープしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です