二重整形は痛いの?手術中や手術後は大丈夫?

二重整形は痛いの?手術中や手術後は大丈夫?
 
 
 
二重整形は痛いかもしれないと思っていませんか。

二重整形を受けたくても結局、手術に踏み切れず迷っていませんか。
 
 
 
そもそも二重整形は、痛いのか。

また、手術中や手術後、痛みはあるのか。

もし、痛いのであればどれくらいの痛さか。

さらに、痛みがあったとしても大丈夫なのか。
 
 
 
いざ、二重整形の手術を受けようと決意しても二重整形は痛いかもしれないと思ったら怖くなりますね。

そして、決意がゆらぐのではないでしょうか。
 
 
特に手術中と手術後は、大丈夫なのだろうか、と思って心配にもなりますね。
 
 
二重整形の手術が痛いのかどうか、あらかじめ知ることができれば迷わず前に進めるかもしれません。

今回の記事では、二重整形における「痛み」に焦点をあわせて書いています。
 
 
 
二重整形の手術を受けるのに痛みがどうか参考にしたい人は、次からひとつずつ、みていきましょう。

二重整形は痛いの?

二重整形には、大きく分けて2種類の手術方法があります。
 
 
 
それは、埋没法切開法です。
 
 
ずいぶん昔、二重整形と言うと痛いのは当たり前でした。

今の二重整形は痛いかと言うと、ほとんど痛くありません。
 
 
 
しかし、左右のまぶたに1回ずつ局所麻酔の注射をする時、チクっとする痛みを感じることはあります。

とは言え、瞬間的な痛みと考えていいでしょう。
 
 
 
ここで痛いかどうか過剰に恐れる必要はありません。

なぜなら、注射の前に点眼の麻酔薬や麻酔クリームが使われたり、鎮痛剤を内服することもあるからです。
 
 
 
また、痛みがより少なくなるよう、ゆっくり麻酔液を入れることも配慮されています。

今では、痛みがより少なくすむよう様々なことが配慮されています。

スポンサーリンク
 

二重整形の手術中は痛いの?大丈夫?

二重整形の手術中は痛いかと言うと痛みは、少ないと思って大丈夫でしょう。

最初に局所麻酔をしているからです。
 
 
 
ただ、意識はありますので触られている感覚はあります。

恐怖心の強い人は、手術中にいじられたり触られたりしている感じを痛みと勘違いして痛いと言う人がいます。
 
 
 
もしも、本当に痛いのなら麻酔を追加しなくてはなりません。

本当は痛いと感じていないのに恐怖心から痛いと言う事は、絶対に控えてください。
 
 
 
麻酔が効く最小限の量の麻酔を使って手術をしています。

麻酔を追加し過ぎると二重整形の仕上がりに影響してしまいます。
 
 
 
過去、埋没法の手術を受けたことがある人は、その時の糸がスムーズに取れない場合、ようやく取れるという時、目の奥に一瞬痛みを感じることが、あるかもしれません。

スポンサーリンク
 

二重整形は手術後は痛いの?大丈夫?

二重整形の手術をして麻酔薬が切れた後、痛み止め抗生剤炎症を抑える薬などが内服されます。
 
 
二重整形は手術後は痛いかというと、たとえ傷みがあっても痛み止めなどで対応できるレベルの痛みです。
 
 
二重整形は、傷の大きさを問わず手術直後に最も腫れが強く出ます。

傷の部分の腫れは、正常な身体の反応なので気にしなくても大丈夫です。
 
 
 
それに、施術後しばらくは、病院で安静にさせてもらえます。

だから、大丈夫です。
 
 
 
万一、術後に強い傷みがあったり何日間も強い痛みが続く場合には、施術してもらった病院で先生に診てもらいましょう。

まとめ

二重整形の手術に痛みがあるのか、それとも、ないのか何も知らない事は、怖いことです。
 
 
しかし、手術前の処置のこと、手術中のこと、手術後のことをあらかじめ知っておけば安心材料となりますね。
 
 
こちらの記事に書いた内容は、あくまでも参考程度にとどめておきましょう。

やはり大切なのは、病院で担当の先生から詳しいお話を聞くことです。
 
 
 
二重整形を受けるか受けないか決断するのは、他の誰でもなく、あなた自身です。

二重整形を受けた後、あなたの人生は、どんなふうに変わっていますか。
 
 
 
そこに大丈夫と笑っている、あなたはいますか。

最終的にあなた自身、納得のいく選択ができるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です