二重整形はいつかバレる?絶対にバレない方法は存在するの?

二重整形はいつかバレる?絶対にバレない方法は存在するの?
 
 
 
二重整形ってバレそうだから怖くてできない…

そうやって一重で悩んでるのに、二重整形を躊躇していませんか?
 
 
 
正しい知識を身につけて、二重整形をするかを決めましょう。

本当にバレるの?バレない方法は?
 
 
 
そこで今回は、
 
 
二重整形はいつかバレる?絶対にバレない方法は存在するの?
 
 
についてみていき、そんな悩みを解決します。

 
スポンサーリンク
 

二重整形っていつかバレるの?

あなたは、二重整形を考えたことはありませんか?

でも二重整形がバレるのが怖いと思った経験はありませんか?
 
 
 
何をやっても二重にならない…
 
 
毎日メイクに時間がかかるのに、時間が経てば、二重メイクが汚くなって、結局まぶたは一重に戻ってる。
 
 
一重が二重になるのって無理なんじゃないの!?

そうやって毎日を苦しんだ一重の女の子たちがたどり着く「二重整形」。
 
 
 
でもバレるのが怖い。

そんな思いから二重整形を思いとどまっている方も多いのではないでしょうか。
 
 
 
以前よりはずっと身近になった二重整形ですが、それでも絶対にバレたくないですよね。
 
 
バレバレの二重整形と、全然分からない自然な二重整形が存在するには事実。
 
 
そして、意外と言われている「時間が経つと二重整形が取れて、また二重整形をすることになる」というウワサの真相も暴いていきます。
 
 
今回は絶対バレない二重整形の方法を紹介していきます。

スポンサーリンク
 

二重整形が絶対にバレない方法は?

二重整形したことがバレるのは誰でも嫌ですよね。

そこで二重整形が絶対バレない!
 
 
そんな方法があったら二重整形をしてしまいたいですよね。

そんな二重整形が極力バレない方法を紹介します。
 
 
 
それは、「埋没法」で「幅を欲張り過ぎない」ことです。

まずは、二重整形の埋没法という方法について説明します。
 
 
 
二重整形は2種類の方法があり、まぶたの裏を糸で結ぶだけの埋没法と、まぶたの余分な皮膚や脂肪を取り除いて縫って二重にする切開法があります。
 
 
自然でばれにくい二重整形は埋没法です。糸で縫うだけなので、ダウンタイムが比較的短く済みます。
 
 
切開法は1週間は糸をつけたまま過ごさなくてはいけないので、その期間は絶対にバレてしまいます。
 
 
また、腫れ方が埋没法よりも大きいので、ダウンタイムが短い埋没法の方がバレにくいです。
 
 
 
 
そして、ふたつめは二重の幅を欲張り過ぎないことです。

二重の幅が広すぎて、不自然な人をみたことはありませんか?
 
 
 
人が一番似合う二重幅は、その人の涙袋の幅と同じであると美容外科医の中では定義付けられています。
 
 
これはそれよりも広かったら不自然になるということです。自分に合った幅で二重整形をしましょう。

スポンサーリンク
 

二重整形が絶対にバレないオススメの医者は?

二重整形には手術方法と、二重幅の取り方が大切と言いましたが、一番大切なのは「上手な医師にやってもらうこと」です。
 
 
名前が知れてるから、と考えなしに、はやく二重になりたいからと大手の美容クリニックで二重整形をしようとしていませんか?
 
 
また、値段が安いことが理由でクリニックを決めていませんか?

二重整形も立派な医療行為ですし、大切な顔の手術になります。
 
 
 
安易に二重整形をして、思い通りにキレイにならず、むしろもっとひどい顔になって、修正手術を繰り返し、何百万円というお金を払っている人もいるんです。
 
 
それは深く考えずにクリニックや医師を選んだからです。

確実にキレイになるために、病院の名前でなく、医師で選んでください。
 
 
 
医師のプロフィールや持っている資格などを頼りに調べてみてください。

そして、実際にカウンセリングに言って医師とお話をしてみてください。
 
 
 
少しでも違和感を感じたら、別の医師に手術してもらいましょう。
 
 
整形を失敗している人のほとんどは、カウンセリング時に医師に違和感を感じているんです。
 
 
大切なお顔なので、慎重に医師を決めるようにしてください。
 
 
また、二重整形は上手な医師にやってもらう方が腫れが少なく、自然な仕上がりになるのでバレにくいです。
 
 
手術前にできる究極のバレにくくする方法が医師選びなのです。

二重整形がいつかバレる?対処法は?

二重整形はいつかバレるのでしょうか?

二重整形したのに、一重に戻ってしまうということを聞いたことがありませんか?
 
 
 
戻ってしまったことでバレてしまうということもあります。
 
 
なぜ二重整形が一重に戻ってしまったのか?それは、埋没法で結んでいた糸が緩んだからです。
 
 
これはまぶたが厚ければ厚いほど戻りやすく、また医師があまり上手に手術してくれなかった場合と2通りあります。
 
 
まぶたが厚いから二重が取れてしまった場合は、再手術をするか、埋没法ではなく、切開法で二重を作ってしまうかの方法があります。
 
 
再び埋没法で施術しても、また取れてしまう可能性が高いので、切開法で手術することをおすすめします。
 
 
しかし、バレてしまう可能性が高くなります。

夏休みなどの長期休みを利用して手術すれば、二度と取れない二重が手に入ります。
 
 
 
また、医師がへたくそで埋没が取れてしまった場合は、別の医師に埋没してもらうといいでしょう。
 
 
今度は医師を間違えないように慎重に選んでください。
 
 
このように、方法を間違わなければ、二重整形はバレることなく行える整形なんです。
 
 
二重整形で、いつでもキレイな二重を手に入れてみては?

まとめ

二重整形は、
 
 
・二重整形の方法
・二重幅を広くしすぎないこと
・二重整形が上手な医師にやってもらうこと
 
 
などでバレにくいことを紹介しました。
 
 
 
世の中には100%はなく、絶対にバレないという方法はありません。

顔を変えるのだから、変化に気づかれてバレることもあるかもしれません。
 
 
 
きれいに変化して、手術も成功なのに二重整形を指摘されて悩むようでは二重整形は向いていないかもしれません。
 
 
上記の方法で自然な二重に仕上がりやすくなっています。
 
 
二重整形を正しく理解して、長年の悩みの一重をオサラバして、きれいな二重になりましょう。

スポンサーリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です