アイプチの失敗例一覧|失敗しない方法やコツをご紹介!

アイプチの失敗例一覧|失敗しない方法やコツをご紹介!
 
 
 
手軽に二重が作れるアイテムであるアイプチですが、初めは失敗してしまったりしてすぐに綺麗な二重がつくれるようになる人は少ないです。
 
 
どんな商品を使うにしても、そのアイプチの使い方や自分の最適な二重幅を見つけ出して徐々にコツをつかんで慣れてくるものです。
 
 
今日は、アイプチを使ったことのある方が陥りがちな失敗例一覧失敗しない方法やコツを一緒にご紹介します♪

アイプチの失敗例3つ

それでは、アイプチでよくある3つの失敗例について1つずつ詳しくみていきたいと思います!

アイプチの失敗例①うまく二重がつくれず、線がつかない

出かけようと思ったのにうまく二重がつくれない~!という時に焦ってしまいますよね。
 
 
 
実際につけて行く日の前から練習しておくのがベストですが、応急処置としてはアイテープとアイプチやアイプチとつけまつげなど、他のアイテムと組み合わせて使用することでうまくいくかもしれません。

アイプチの失敗例②すぐにアイプチがとれる

せっかく遊びに出ていても、一度外でアイプチがとれてしまうとまた取れてしまうのではないかと冷や冷やしてしまいますよね。
 
 
とれづらくするには二重幅を見直す必要があるかもしれません。
 
 
また、商品との相性が悪いかもしれないのでまた失敗しない為にも他のアイプチを試してみることもひとつです。

アイプチの失敗例③アイプチをしていることがバレバレ

テープや液が見えていてバレバレ、という状況ですね。
 
 
 
目を開けている状態だとそうでもない人は多いですが、目を閉じた時やまばたきの瞬間でわかる人は多くいます。
 
 
 
本物の二重の人は目を閉じた時に二重の線はうっすらとしか出ませんが、アイプチやアイテープでひっつけていると線がくっきりと出てしまいます。
 
 
もしくは、ガタガタの線だったりどこか不自然な印象になってしまいます。

よくある失敗例を3つご紹介しましたが、それぞれうまくいく方法・コツはあります!

スポンサーリンク
 

アイプチを失敗しない方法やコツ

上記を踏まえ、アイプチを成功させるコツ・失敗しない方法をお伝えしますね☆

アイプチを失敗しない方法やコツ①事前に練習する

アイプチにはそれぞれうまくいくコツがあります。
 
 
 
例えば、アイテープであれば自分の目の幅に合うように切っておくことやアイプチであればまぶたの上に乗せる液の量などです。
 
 
なので、それらのコツを把握しておく為にも使用したい日よりも前に練習をしておいた方がベストです。
 
 
 
アイプチがうまくいかないことが原因でデートに遅刻しない為にも・・・!(笑)

アイプチを失敗しない方法やコツ②二重幅を欲張らない

一重にコンプレックスのある方はアイプチをして可愛くなった自分を見るともっと可愛くなりたい、という欲が出て二重幅を広くとりがちです。
 
 
ですが、そうしてしまうとアイプチがとれてしまう可能性が高くなります。

外出先で慌てない為にも、適切な二重幅にしましょう。

アイプチを失敗しない方法やコツ③色々なアイテムを併用する

アイプチだけではなかなか二重にならない!という方も中にはいます。
 
 
そんな時は、ビューラーをしっかりめにしたり、アイプチとアイテープを併用したり、芯が太めのつけまつげもつけるなどすれば二重が取れてしまうことはなくなります。
 
 
すぐ取れてしまってお困りの方は試してみてください☆

アイプチを失敗しない方法やコツ④ブラウンのアイシャドーを多めにつける

これは、メイクでごまかすというテクニックです。
 
 
 
アイプチの前につけてしまうとうまくひっつかなくなるので、二重作りが完成した後にアイテープのテカりやアイプチの液を目立たなくする為にブラウンのアイシャドーを多目につけてみてください。
 
 
コツは特にいらないのでおすすめの方法です♪
 
 
メイクを使って自然に見せる方法ができない学生さんは、前髪をぱっつんにして隠すという方法も意外と使えますよ!(笑)

スポンサーリンク
 

まとめ

アイプチの失敗例と失敗しない方法やコツをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
 
 
 
アイプチをするからにはしっかり二重になりつつバレたくないところが本音かと思いますので、是非ご紹介した方法・コツを試してみてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です