アイプチができない人の原因は?一重・奥二重別に解説!

アイプチができない人の原因は?一重・奥二重別に解説!
 
 
 
まぶたにコンプレックスを持っている一重や奥二重の方は中高生くらいになるとアイプチを使いだす人は多いですよね。
 
 
 
ただ、慣れてくるまではなかなかうまくできない人が多いです。

思うように二重の線がつかない・・・すぐ取れちゃう・・・などはアイプチ初心者あるあるです。
 
 
 
そこで今回は、
 
 
一重さん・奥二重さんそれぞれのアイプチがうまくできない原因の解説とアドバイス
 
 
をお伝えします!

 
スポンサーリンク
 

アイプチがうまくできない人の原因を解説!~奥二重編~

まず最初に、奥二重の人がアイプチをうまくできない理由を2つ解説していきたいと思います。

スポンサーリンク
 

アイプチがうまくできない原因 ①奥二重の線が邪魔する

奥二重の方は、二重をつくる時に自分の元々の線があるのでそれが原因ですぐ元に戻ってしまう・・という方が多いのではないでしょうか。
 
 
 
そんな時は、二重の線がふたつ出来てしまうのも不自然なので奥二重の線を利用して元々の線を上側に折り込むことで綺麗な二重ができるのでおすすめですよ♪

アイプチがうまくできない原因 ②使っているアイプチとの相性が悪い

『奥二重さんはアイテープよりアイプチがおすすめ!』
 
 
 
アイテープだとどうしても元々の奥二重の線に戻ってしまいがちになるので、上記の解説の通り奥二重の線を消してしまうやり方がベストです!
 
 
アイテープは未経験という奥二重の方は是非試してみてください♪

スポンサーリンク
 

アイプチがうまくできない人の原因を解説!~一重編~

続いて、一重の人がアイプチをうまくできない理由を2つ解説していきたいと思います。

スポンサーリンク
 

アイプチがうまくできない原因 ①まぶたが厚い

一重の方には蒙古ひだがあるのと同時にまぶたが厚いことが特徴です。
 
 
これは、元々大事な目元を守る為に厚くなっているのですが二重作りには天敵です。
 
 
まぶたが厚いとアイプチもなかなかうまくできない原因になってしまうので、毎日アイプチ前などにマッサージをすると良いでしょう。
 
 
 
まぶたのマッサージや目元の筋肉を鍛えることでまぶたが薄くなってアイプチがしやすくなった!という方もいるので是非試してみてください♪

アイプチがうまくできない原因 ②使っているアイプチとの相性が悪い

『一重さんはアイプチよりもアイテープがおすすめ!』
 
 
 
二重になりづらい一重さんの場合、一概には言えないですがアイテープのほうがしっかり二重の癖を作れるのでアイプチで苦戦されている方はアイテープを試すと良いと思います。
 
 
何がうまくできない原因になっていてどの二重アイテムが自分に合うかは人それぞれですので、こちらの解説はご参考までに☆

スポンサーリンク
 

アイプチがうまくできない人の原因を解説!~一重・奥二重共通編~

ここからはアイプチを使用する方皆に当てはまる、アイプチが失敗しやすい原因を解説します!

アイプチがうまくできない原因 ①二重幅を広くとりすぎている

まぶたにコンプレックスがあるとどうしても二重幅を欲張りがちですが、広くとりすぎるとアイプチもアイテープも取れてしまいやすくなる原因になるので要注意です。
 
 
 
例えば、一重の人が広めの平行二重にしようと思ったら蒙古ひだも邪魔するのでアイプチ+つけまつげ、など固めないと持続しづらくなります。
 
 
今はいかに自然に見せられるか、というメイクが流行っているので適度な二重幅を作る方が可愛いと思います♪

アイプチがうまくできない原因 ②アイプチの液の量が多すぎる/アイテープが長すぎる

しっかり固定しようとしてアイプチの液を沢山つけすぎると、目を閉じた時にまぶたがぴったり貼りついていて不自然です。
 
 
また、アイテープを購入してきたままの大きさで貼ると目の幅からはみ出てしまう原因になります。
 
 
なので、アイプチはまぶたの二重にしたいところに薄く伸ばし、アイテープは自分の目の幅に合うように切っておきましょう!

まとめ

アイプチがうまくできない人の原因を奥二重・一重別に解説しました。

初めからうまくいく人の方が少ないです。
 
 
 
それぞれかかえている悩みやまぶたの特徴が異なるので、自分に合ったアイテムをゲットして綺麗な二重をつくるテクニックを身に付けましょう!
 
 
慣れてしまえば簡単に二重が作れるようになって、万が一外出先で取れてしまってもササッと直せるようになります(笑)
 
 
上手にアイプチを使って、可愛く変身しちゃってください♪

スポンサーリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です