二重整形してる人の特徴は?簡単な見分け方はあるの?

二重整形してる人の特徴は?簡単な見分け方はあるの?
 
 
 
「最近、二重まぶたの女の子増えてきたなぁ」と感じること多くありませんか?
 
 
アイプチしている女の子は見分けがつくけど、整形してる子を見分けるのって難しいですよね。

突然きれいな目になったあの子。
 
 
 
「二重整形をしているんじゃないかな?」と思ってしまうこともありますよね。
 
 
こんなときに二重整形の見分け方を知っていたら、こんなモヤモヤした気持ちにならずに済むのに…。
 
 
もしくは、二重整形を自分がした場合「周りにバレてないかな?」と不安になることもあると思います。
 
 
二重整形を見分けるポイントを知っていれば、それを隠すことによって、二重整形をバレにくくすることもできるんですよ。
 
 
今回は気になる二重整形してる人の特徴や見分け方のコツを解説していきます。

二重整形をしている人の特徴は?

二重整形をしている人に特徴はあるのでしょうか?
 
 
 
答えは「手術から時間が経つほどに分からなくなる」です。
 
 
 
二重整形は2通りやり方が存在します。
 
 
糸だけで行う埋没法と、皮膚と余分な脂肪をメスで切り取って縫う切開法が存在し、腫れが少ないと言われる、前者の埋没法でも、手術後1ヶ月は腫れやむくみが強く、なんとなく目力が強く見えることからバレることがあります。
 
 
 
切開法の方が埋没法よりもずっと腫れが強く、3ヶ月はバレやすいと言われています。
 
 
このような腫れが強く、バレやすい期間を「ダウンタイム」といいますが、この期間であれば、腫れていることや、目力が急に強くなったなどの特徴が二重整形をした人にはあります。
 
 
 
しかし、このダウンタイムを過ぎてしまったら分かりにくくなる上に、中には整形とは判断できないほど自然に仕上がる人もいるので、これといった特徴がなくなります。

スポンサーリンク
 

二重整形をしている人の簡単な見分け方は?

ダウンタイムが過ぎてしまうと二重整形は見分けるのが難しいことが分かりましたが、ひとつだけ見分け方のコツがあります。
 
 
それは目をつぶったときのまぶたにあります。
 
 
埋没法の場合、糸の結び目でまぶたに不自然なぽこっとした盛り上がりが2,3点現れることがあります。
 
 
 
これは埋没法で手術した人の特徴で、特に新人の慣れてない医師に手術をされるとこのような結び目が強く現れることがあります。
 
 
 
上手な医師によって手術されたら、このような結び目がない場合もあるため、埋没法で二重整形をした人全員にこの結び目はありませんが、見分けるポイントのひとつになります。
 
 
 
また、切開法で手術した人の場合は、まぶたに切開し、縫合した跡が残っていることがあります。
 
 
メイクをしていると分かりにくいことが多いですが、皮膚を一度切って縫っているので、跡になっている人もいるため、見分けるポイントになります。
 
 
しかし、これも埋没法と同じで上手な医師に手術してもらった場合には、縫合跡が残らないこともあります。

スポンサーリンク
 

二重整形をしてもバレないようにする方法は?

それでは、二重整形をしてもバレない方法はあるのでしょうか。
 
 
 
これはバレやすい期間=ダウンタイムの時間をなるべく短くすることと、埋没法なら、糸の結び目が手術後に、まぶたにできないようにする、切開法なら縫合跡をきれいにする、につきます。
 
 
ダウンタイムは、埋没法であれば切開法と比較してかなり短いです。

初めてんぼ二重整形は埋没法で試してみるのも手かもしれません。
 
 
 
だいたい1ヶ月でほとんど分からない程度になるので、夏休みなどの長期休みを利用すれば十分ばれずに二重整形ができます。
 
 
また、糸の結び目をまぶたに作らない、縫合跡をきれいにするについては、医師の腕によるところが大きく自分ではどうにもできない場合が多いです。
 
 
カウンセリングで医師の話をしっかり聞く、口コミを調べるなど、二重整形前のリサーチがとっても大切です。

まとめ

二重整をした人の特徴と見分け方について解説してきましたが、いかがでしたか?
 
 
二重整形にはバレやすい「ダウンタイム」の時期が存在し、その時期を過ぎてしまうとほとんどの場合、二重整形をしたことが分からなくなることが多いです。
 
 
唯一の特徴は、まぶたの糸の結び目やまぶたについた傷を見つけることにあります。
 
 
しかし、メイクで十分隠れ、しかも目を閉じている瞬間をじっと見つめることなんて、ほとんどないからほぼ分からないと言っても良いかもしれません。
 
 
逆に、自分が二重整形をする場合はダウンタイムの時期は誰にも会わずにさえいれば、バレる可能性が低いといえます。
 
 
どうしても二重整形が怖い場合は、強力な化粧品から試してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です