奥二重から二重にする方法|癖付けやマッサージのやり方など

奥二重から二重にする方法|癖付けやマッサージのやり方など
 
 
 
日本人女性にありがちな悩みの奥二重をくっきりした二重にしたいという悩みや方法はネット・雑誌でよく目にしますね。
 
 
また、さらに大きな二重にしたい!と現在の大きさでも満足いかずに思っていらっしゃる女性も少なくはないでしょう。
 
 
年代を問わず、また男性にも美意識の高くなった現代、出来ることなら・・・と望んでおられる方もたくさんいるように思います。
 
 
根気強く二重を癖付けるマッサージをしたり、寝ている間に簡単に出来る美容液を使用されたり、プチ整形をされる方もいらっしゃいますね。
 
 
 
そこで今回は、
 
 
奥二重から二重にする方法|癖付けやマッサージのやり方など
 
 
についてご紹介していきたいと思います!

奥二重から二重にするにはどんな方法が効果的なのか

完全なる一重とは違い、微妙に二重のラインがあるような目をした方も多いですよね。
 
 
まばたきをした時、一瞬二重が見える気がする・・・それが奥二重のイメージです。
 
 
「一重」だとは認めたくない筆者も「奥二重」だと主張してきた一人です。
 
 
 
「え?どこが二重??」と言われる事もしばしばですが、「ここ!」と顔を近づけて説明しないといけないのも悲しくなります。。
 
 
切れ長な一重も日本人の顔で美人だと思いますし、そういう目をした女性を好きだという男性ももちろんたくさんいます。
 
 
では、どうして女性の場合、くっきり二重になりたいと思う人が多いのでしょうか?
 
 
 
メイクがとってもラクだから・ファッションや季節、流行りのメイクが出来るから・・・など理由はさまざまですよね。
 
 
 
奥二重だと、アイシャドウを塗る場所がわからない・・・

幅が狭いと、アイシャドウを塗っても、色ですらわかりづらい・・・

アイライナーを描いたら、それ以上のメイクが出来ない・・・
 
 
 
なんて共感する意見もよく耳にしました。
 
 
なら、一重まぶたならメイクが簡単で時間も早いのでは?
 
 
と思われがちですが、二重を作ろうとする事に一番時間がかかり、苦労したという方も多いのではないでしょうか。
 
 
そこで、二重にする為に自分にあった方法が色々ありますので、よく実践されているであろう方法をまとめてみました。
 
 
 
まず、二重にする為の化粧品アイテムを使用する方法。

これは、市販されている化粧品をメイクや就寝時に使い、癖付けていきます。
 
 
敏感肌の方にはかぶれなどの原因となり、お勧め出来ない場合もありますので、少しでも合わない場合は中止された方がよいです。
 
 
 
マッサージという方法もありますね。
 
 
すぐに二重にする方法は、美容整形の埋没法や切開法などがありますが、地道に二重にする方法は、根気強くすることだと思いますね。

スポンサーリンク
 

奥二重から二重にする為の方法 ①癖付けのやり方

二重まぶたを癖付けるのに使用するアイテム、それらしき商品を使用している場合に使う言葉として、「アイプチ」が知られていますね。
 
 
アイプチとは、二重まぶたにする一商品名なのですが、ここまで有名になるのは、それだけ二重にしようと努力している人が多いことかもしれませんね。
 
 
筆者はなるべくお金をかけず、また痛みを伴う事が苦手だった為、化粧品を使って二重にしようと情報収集し、実践しました。
 
 
まぶたに貼り付けるテープ類、まぶたをのりで引っ付けてしまう液状の化粧品、厚みのある液状の物を塗って自然に二重が出来るであろう化粧品、などなど。
 
 
初めて試した時は、それほどお金をかけずに二重になる方法を考えて行いました。
 
 
手軽にできる100均商品を試したのです。

細いファイバー状のテープを引っ張りながら押し込むように貼る方法です。
 
 
 
慣れないせいか、失敗ばかりで剥がしては貼り、また剥がし・・・繰り返しているうちに仕事に間に合わないと、いつものメイクで出勤。
 
 
デリケートで皮膚の薄いまぶたはヒリヒリ。

しばらくその方法で毎朝少し早く起きてチャレンジしましたが、赤く腫れてきて断念しました。
 
 
 
それでなくても重く見られがちなまぶたが、余計に重くなってしまった経験があります。

コツをつかめば、その方法で二重まぶたになっていたかもしれませんが・・・
 
 
 
ナイト用美容液と言われる商品、寝ている間に癖付けていく方法も試してみました。
 
 
癖付ける場所を毎回同じ場所にするのはかなり難しいです。
 
 
数週間で簡単に癖付けができ二重になる人もいれば、長期間やり続けてもなかなか癖付けが出来ない方もおられます。
 
 
個人差がありますが、根気が必要なのかもしれませんね。

スポンサーリンク
 

奥二重から二重にする為の方法 ②マッサージのやり方

まぶたが重いのは、ぜい肉を取ればいいのかも。と思い、クリームをつけてマッサージした方法もあります。
 
 
 
まぶたは特に皮膚が薄くデリケートですので、力を入れての無理なマッサージはシワやたるみの原因にもなります。
 
 
優しくマッサージクリームなどを使用しての方法がよいかと思われます。
 
 
むやみにまぶたをこするのではなく、正しい方向(目頭より目尻方向に)に流すようにマッサージするやり方が効果的だと言われています。
 
 
Youtube動画でも、実際にマッサージされている物をアップされている方が増えていますので検索されるのもお勧めです。
 
 
あくまでも、続けられそうだと思うマッサージのやり方を参考にしてくださいね。

まとめ

現在、筆者のまぶたの状況は、片目のみ二重です。
 
 
そうです!奥二重だった重いまぶたが、片方のみくっきり二重になったのです。
 
 
よくよく考えると、色々なアイテムを使用した際も、簡単に癖が付いたのもそちらの片目だった記憶があります。
 
 
 
さぁ!今日こそ綺麗な二重を作るぞ!と気合いを入れてメイクし始めた目が現在のくっきり二重になった方です。
 
 
そして、ぼってり奥二重側は、メイクの気合いが抜けた側なので、左右逆からメイクしていれば、現在二重の側が違っていたかもしれません。
 
 
筆者が試した中での二重にする方法で簡単かつ低価格で出来たやり方は、マッサージと痩せた事でした。
 
 
先ほども述べましたが、敏感肌でかぶれやすい方は二重化粧品を使う事は控えた方がよいかもしれませんね。
 
 
 
焦らず自分のなりたい大きさの二重にするには、いきなり無理のある部分ではなく、少しずつ幅を広げていかれる事が近道です。
 
 
小さな事からコツコツと・・・
 
 
メイクを楽しむ為にも、筆者に適したマッサージとダイエットで両目二重まぶたを目指します。
 
 
みなさん、一緒に頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です