一重にも種類があるの?二重になりやすい、なりにくいタイプはどれ?

一重にも種類があるの?二重になりやすい、なりにくいタイプはどれ?
 
 
 
女の子なら一度は誰もが憧れるぱっちり二重。

女優さんやモデルさんの綺麗な二重を見て、「羨ましい…」と思ったことはありませんか?
 
 
 
一重の人は特に、自分の目をコンプレックスだと感じている人は多いのではないでしょうか?

最近では、アイプチやアイテープ、メザイクなど一重の人でも二重になれる方法はたくさんあります。
 
 
 
しかしやはり、二重になりやすい人もいれば、なかなかならないという一重の人もいますよね…
 
 
 
ここでは一重にはどんな種類があるのか、どんな人が二重になりやすく、なりにくいタイプの特徴はなんであるかをご紹介していきます。

 
スポンサーリンク
 

一重にも種類があるの?二重になりやすい、なりにくいタイプはどれ?

一概に一重といっても、様々な種類があるんです。
 
 

一重まぶたの種類
①脂肪の少ない平たいクールな一重まぶたタイプ

②脂肪・むくみが二重の線を消している二重よりの一重まぶたタイプ

③脂肪が多くて腫れぼったい一重まぶたタイプ

 
 
大きく分けると3つに分類ができる一重まぶたのタイプ。
 
 
二重になりたいと悩んでいるあなたは、どのタイプの一重まぶたに当てはまるのか考えてみてください。
 
 
では、一体二重になりにくいのはどのタイプなのでしょうか?
 
 
 
正解は、③ なんです。
 
 
 
反対に①と②は比較的二重になりやすいと言われています。
 
 
 
①は脂肪が少ないぶん、アイプチなどで二重の形がつきやすく癖もつけやすいです。
 
 
②はもともと線がついているので、あとは脂肪を落とすだけ。
 
 
 
綺麗な線をつけたい場合はアイプチなど活用すれば大丈夫です。

つまり問題は③のまぶたなんです…

スポンサーリンク
 

二重になりにくいタイプの対処法とは?

二重になりにくいと言われてもなかなか諦められない、という形も大丈夫です。
 
 
ここからは、そんな二重になりにくい一重まぶたの人のためへのアドバイスをご紹介していきます。
 
 
 
まずは、徹底的にまぶたなマッサージで脂肪を落とします。

このときのオススメは入浴中のマッサージです。

〜まぶたの脂肪を落とすマッサージの一例〜
①両手の中指の腹をそれぞれ右目と左目の目頭に当てる

②中指の腹でまぶたを優しくなぞりながら目尻まで持っていく

③これを数回繰り返し

 
 
とっても簡単なので、毎日続けることができると思います。

ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク
 

それでもなかなか二重の線がつかないときは…?

「ある程度脂肪が落ちてきたのにやっぱり二重の線がつかない…」という人も安心してください。
 
 
諦めるのはまだまだ早いです。
 
 
最近では夜用のアイプチやアイテープがあるのをご存知ですか?
 
 
夜用は肌に優しく作られているため効果が薄いのでは、と思う方もいるかもしれませんがこれが以外と優れものなんてす。
 
 
 
このときのポイントとしては、お風呂上がりにすぐに使用すること。
 
 
なるべく長い時間の使用で癖づけを徹底してください。
(※水分はしっかり拭き取ってから使用してくださいね)

まとめ

いかがでしたか?
 
 
 
なかなか二重になりにくいと悩む一重の人も、諦めなければ夢のぱっちり二重が手に入る可能性は十分にあります。
 
 
ここでご紹介したのは、ほんの一例なので色々試してみてくださいね。
 
 
また、どんな手段をつかってもやはり二重にはならないという方も中にはいると思います。

そんな時は、二重手術という方法も視野に入れてはいかがでしょうか。
 
 
 
今では、以外と手軽に手術ができるようになったため学生でも夏休みなどを利用して挑戦する人もいるみたいです。
 
 
金額も比較的手を出しやすいものになっているみたいです。
 
 
コンプレックスを抱えて悩み続けるよりは、新しい自分を手に入れて前向きに生活できる方法を選ぶのもひとつの手段ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です