目頭切開の見分け方は?傷跡やまつげで分かる?

目頭切開の見分け方は?傷跡やまつげで分かる?
 
 
 
女性なら一度は芸能人や外国人のような綺麗な顔に憧れたことがあるのではないでしょうか。
 
 
顔のバランスが悪かったり、目の形が気に入らなかったり…

理想とする顔は様々です。
 
 
 
最近では目の整形のCMが流れるほど、少しづつポピュラーになってきているように感じます。
 
 
「埋没法」や「切開法」とセットして「目頭切開」といのも耳にすることが増えてきています。
 
 
目頭切開について、傷跡やまつ毛の生え方などで見分けることが出来るのか、徹底検証していきましょう。

 
スポンサーリンク
 

目頭切開の見分け方は?傷跡やまつげで分かる?

近頃よく耳にすることがある、「目頭切開」ですが、メスを入れる手法のため、「傷跡が残りやすい」ということや「目頭切開」をした人は「まつ毛が生えてこなくなる」という噂を聞いたことがあります。
 
 
 
では、「目頭切開」の見分け方をみていく前に、実際「目頭切開」というものがどのような手法なのか、どのような人に最適な手法なのかを簡単にご説明したいと思います。

スポンサーリンク
 

目頭切開とは?

目頭切開とは、目頭にある「蒙古襞(もうこひだ)」というものを切開していく手法です。
 
 
蒙古襞というのは、上のまぶたが、目頭を覆っている襞のことを言います。
 
 
この蒙古襞といのは「モンゴリアン(アジア人)」特有のものだといわれています。
 
 
蒙古襞を取り除くことで、平行型二重のラインが作りやすくなり、目と目の距離を近く見せてくれる効果があります。
 
 
 
手法としては、内田法という手法が国内で1番多く使われていますが、病院によって様々ですので、ご自身の目の形や、蒙古襞の大きさいによって選ぶのが1番よいと思われます、

スポンサーリンク
 

目頭切開をするといい人は?

目頭切開をすると目の距離が近くなって見えるので目と目の距離が離れている人におすすめです。
 
 
また、目の幅も大きくなりますので目が小さくて悩んでいる人や目つきが悪く見える人・平行型の二重にしたいという人も希望される人は多いようです。
 
 
逆を言えば、目の距離が元々近い人や、蒙古襞がない人にはオススメできない手法です。

目頭切開の見分け方は何がある?

では、次に目頭切開をした人としてない人の見分け方をご説明いたします。
 
 
 
一番わかりやすい見分け方は目頭の粘膜です。
 
 
目頭切開をおこなうと、蒙古襞で隠れていた粘膜の部分が露出しますので、大きく切開をしすぎた場合は目頭にピンク色の粘膜が見えることがあります。
 
 
 
次に、すっぴんなのに目頭が尖りすぎている場合や目頭と目じりのバランスが取れていなかったり、極端に目が近くなりすぎている場合も目頭切開を行った場合が多いです。
 
 
今はメイクなどでも切開風メイクをする人もいますので一概に全員がしていると言うわけではないのでご了承ください。
 
 
目頭切開をする場合はご自身の目の形に合わせて悪魔でも自然に行うことをお勧めします。

目頭切開の見分け方:傷跡

目頭切開をしたあとに傷跡が残りやすいという噂がありますが、実際のところはどうなのかを見てみましょう。
 
 
目頭切開といのは先ほど申し上げたように蒙古襞を切開していく手法なのですが、この時に完全に皮膚を除去してしまうと傷跡が目立ちやすくなるそうです。
 
 
目頭の皮膚はとても薄く、繊細なため、過剰な切開や、多量のまばたきなどで傷跡が目立ちやすくなります。
 
 
どの手術でも当てはまることですが、術後すぐに化粧をしたり、触ってしまうと細菌が入り炎症を起こすことで傷跡になってしまうこともあります。

目頭切開の見分け方:まつ毛の生え方

目頭切開をするとまつ毛が生えてこなくなるという噂を耳にしたことがあります。
 
 
何故そのような噂があるのか、ご説明します。
 
 
厳密にいうと、まつ毛が生えてこなくなるのではなく、まつ毛が目頭から生えていないように見えるというのが、正しいです。
 
 
というのも、目頭の蒙古襞を切開して目の幅を広くしているので切開した部分にはまつ毛が生えていないということです。
 
 
まつ毛が生えなくなるというわけではないのでご安心ください。

【まとめ】目頭切開の見分け方

以上が、「目頭切開の見分け方」についてでした。
 
 
あの人は、目頭切開してるのか?と気になった時は、今回ご説明した見分け方を使って調べてみてください。

スポンサーリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です