二重まぶた手術は怖い?失敗する確率はどのくらいで防ぐ方法はあるの?

二重まぶた手術は怖い?失敗する確率はどのくらいで防ぐ方法はあるの?
 
 
 
二重まぶたの整形手術をしたい方のほとんどが、痛そうで怖いと思ったり失敗したらどうしようと不安になります。
 
 
高いお金を出して整形するのに、自分の思い描いたまぶたにならなかったり、すぐ一重に戻ってしまうのは防ぎたいですよね。
 
 
そこで今回は、二重まぶたの整形手術は本当に怖いのか、失敗する確率や防ぐ方法などを紹介します!

 
スポンサーリンク
 

二重まぶたの手術は怖い?

二重まぶたの整形手術はまぶたに麻酔をして、埋没法なら糸で縫い、切開法ならまぶたを切ります。
 
 
これを聞いただけでもちょっと怖いなと思いますよね。
 
 
実際二重まぶたの整形手術をした方の口コミでも「麻酔が痛い!」「まぶたの裏に注射される瞬間が怖い」など様々あります。
 
 
 
また怖いのは痛みだけでなく、手術が失敗するのではないかと不安な人やすぐに戻ってしまうのではないかと心配する方も沢山います。
 
 
この記事を作成している筆者も手術前はとても怖かったです。
 
 
実際麻酔は口コミ通り痛かったですし、変な二重になったらどうしようと手術中までずっと考えていました。
 
 
 
しかし、実際手術が終わってからは手術して良かった!以外の感想がありません。
 
 
不安もありますが、しっかりとしたクリニック選びや、先生との相談をしっかり行う事が失敗を防ぐ鍵となります。
 
 
では詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク
 

二重まぶた整形手術の失敗する確率はどれぐらい?

二重まぶたの整形手術の口コミで「失敗した」「すぐに一重に戻った」「変な二重になった」などの声があります。
 
 
これを見ると自分も失敗するのではないか、と不安になりますよね。
 
 
 
では実際に二重の整形手術の失敗する確率はどれぐらいなのかというと、クリニックによってまちまちなのです。
 
 
二重整形はあまり失敗する事はありませんので、手術自体の失敗の確率はかなり低いです。
 
 
さらに埋没法を行い、手術が失敗して二重にならなかった場合は、ほとんどのクリニックがやり直しをしてくれます。
 
 
すぐ一重に戻った場合も1年~5年の保障がある場合にはもう一度行う事ができます。
 
 
なので埋没法に関しては失敗するリスクはほとんどないと言えます。
 
 
 
ただ二重まぶたの手術は成功しているのに、思い通りの二重にならなかった場合に失敗したと感じる方がいます。
 
 
これは自分のまぶたに合わない、無理な二重を作ろうとした方に多く見られます。
 
 
 
また埋没法ではなく切開法をした場合はやり直す事もできないので、自分の思い描いた二重にならなかったとき、失敗したと思う方もいます。
 
 
では二重まぶたの整形手術を防ぐ方法はあるのでしょうか。

スポンサーリンク
 

二重まぶた整形手術の失敗を防ぐ方法はある?

二重まぶたの整形手術の失敗を防ぐ方法として、一番重要なのがクリニック選びです。
 
 
何故クリニック選びが失敗を防ぐ方法なのかと言うと、二重整形は親身になって話を聞いてくれるかという点と、先生の手術経験が重要になるからです。
 
 
二重手術は簡単な手術なので、比較的経験の浅い先生も沢山います。
 
 
 
ですが、絶対に失敗したくないという方は経験豊富な先生の方が安心できますよね。
 
 
また美容整形クリニックの先生方の中でも二重整形が得意な方もいれば、豊胸や脂肪吸引を得意にしている方もいます。
 
 
それを見極める事が失敗を防ぐ方法として最も大切です。
 
 
ほとんどの美容整形クリニックが初回の相談を無料にしています。
 
 
なので気軽にまずは相談だけしてみましょう。
 
 
 
そして相談したときは、必ずどんな二重になりたいかをしっかり伝えましょう。
 
 
重い一重の方や蒙古壁がある方などは、幅広い二重は埋没法では厳しいとはっきり言われる場合もあります。
 
 
これは一重に戻ったり不自然な二重にならないように考慮してくれているという事です。
 
 
このように慎重な先生の方が失敗が少ないですので、先生の意見はしっかりと聞きましょう。

まとめ

二重まぶたの整形手術は怖いのかという事と、失敗を防ぐための方法を紹介しました。
 
 
まずは整形を考えている場合は、様々なクリニックで相談される事をおすすめします。
 
 
クリニックで相談をしっかり行う事が、失敗を防ぐ事になりますし、また恐怖心を減らす事にも。
 
 
また自分のまぶたをよく理解し、埋没法が良いのか切開法が良いのかしっかりアドバイスをもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です