アイプチで二重まぶたになった人とならない人の差は?原因は何?

アイプチで二重まぶたになった人とならない人の差は?原因は何?
 
 
 
アイプチで二重まぶたになった!という話を聞いたことありませんか?
 
 
アイプチで二重まぶたになれると怖くて痛い思いをする美容整形での手術が不要になるので、出来るならアイプチで二重まぶたになりたいですよね。
 
 
ただ、長年アイプチを続けていても二重まぶたになった人とならない人が居るのも確かです。
 
 
 
その差って一体何なんでしょうね。

何か原因があるんでしょうか。

 
スポンサーリンク
 

アイプチで二重まぶたにする方法

アイプチで二重まぶたにする方法は、のりタイプのものやテープタイプのものでクセ付けをするのが主流ですよね。
 
 
他の二重まぶたにする方法としては、むくみ取りの美容液を塗ってみるのも良いと思いますよ。
 
 
むくんだ目だと二重まぶたになりにくいので、むくみを取って目の体操をすると良い効果的です。
 
 
優しくまぶたをトントン刺激するのも良いですよ。
 
 
まぶたをこすると形は付くかも知れませんが、薄い皮膚のまぶたを痛めてしまうのでオススメはしません。
 
 
 
どれか1つだけを試すのではなく、むくみ取りの美容液を使いながら目の体操をするとか、むくみ取りの美容液を塗って乾いてからアイプチで二重まぶたにしたりと、ご自身に合った二重まぶたにする方法を探してみて下さいね。

スポンサーリンク
 

アイプチで二重まぶたになった人とならない人の差は?原因は何?

アイプチで二重まぶたになった人とならない人の差は、

根気と自分に合う商品を使っているか、

だと思います。
 
 
 
一重まぶたからアイプチで二重まぶたになるには根気がいります。
 
 
1日2日でなれるものではありません。
 
 
アイプチで割とすぐに二重まぶたになったという人は割とまぶたの厚みがなかったり、元々、まぶたの筋肉がついているのだと思います。
 
 
 
一重まぶたの人は二重まぶたの人よりもまぶたの筋力弱いと言われています。
 
 
まぶたの筋肉をつけてアイプチでクセ付けをし、一重まぶたを卒業出来るように頑張りましょう。
 
 
アイプチの使用を続けても二重まぶたにならない人の原因としては、まぶたの筋肉の付き方が違うということが考えられます。
 
 
 
原因要素の1つであるまぶたの筋肉付き方が違うというのは、頑張って鍛えることが出来るものですので、時間があればまぶたや目の体操をするという習慣を付けておくと良いかも知れませんね。
 
 
他の原因としては、まぶたに脂肪がたくさんついるというのも1つの原因です。
 
 
その原因も根気よくアイプチを続けることで線がついてきたりすることはあります。
 
 
人によって脂肪や筋肉の付き方に差があるように、アイプチで二重まぶたになった人とならない人の差もあります。
 
 
諦めずに根気よく頑張りましょう。

スポンサーリンク
 

二重まぶたになるには

手っ取り早く二重まぶたにするには、美容整形での手術ということになりますよね。
 
 
ただ、痛みもありダウンタイムも必要になってくるので、何とかアイプチでリアル二重まぶたになりたいですよね。
 
 
日中だけでなく、夜用もあるので、夜用でクセ付けををするのも良いと思いますよ。
 
 
夜用は割と美容成分がたくさん含まれているものが多いので、まぶたへの負担も少なくなるように考えられているようです。
 
 
日中だけでなく夜用も使用してクセ付けをしてリアル二重まぶたを目指しましょう。

まとめ

十人十色という言葉があるように、アイプチで二重になった人もいればならない人もいます。
 
 
アイプチで二重まぶたになった人とならない人の差や原因はやはり様々で、脂肪の付き方であったり筋肉の付き方であったりもします。
 
 
 
何が原因なのか自分では分かりにくいと思いますので、美容整形へカウンセリングだけ行ってみて、何が原因で、アイプチで二重になる可能性があるのか?
 
 
なんかを聞いてみるのも1つの手だと思いますよ。
 
 
美容整形はエステではないので勧誘もないですし面倒なことはないですよ。
 
 
行ってみると整形したくなるかも知れませんが、そこはご自身の意思で決めて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です